トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
11月営業日
1 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13  14
15 16 17  18 19 20 21
22 23 24  25 26 27 28
29 30  
12月営業日
  1 2 3 4 5
9 10  11  12 
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
赤文字日は休業となります
★実店舗
●営業時間:朝
9時〜夜8
●定休日:毎週水曜日
★WEB店
●お電話及びメール返信
 朝
10時〜夜7
●ご注文受付:365日24時間
●発送業務:店舗営業日

包装・熨斗のご用命も

熨斗紙に名入れ等、手書きにて承ります

黄色地の和紙風の包装紙、メッセージカードのご用命も承ります

有料(1,000円〜1,500円)にて水引飾りをお付け致します"

熨斗紙の書式のご指定、お名前等のご記入も承ります。 また、先様への御届も承ります。 
御注文時に詳しくお申し付け下さい。

携帯電話でも


携帯電話からも
お買物をどうぞ。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。

宗玄/珠洲市

宗玄/珠洲市

能登の地酒(奥能登・珠洲市)
清酒
宗玄(そうげん/宗玄酒造)

天正五年(一五七七)七月、上杉謙信が七尾城を攻め能登守護職畠山式部大輔義春を滅したとき、たまたま十三夜の月にまみえ、「露は軍営に満ちて秋気清し」の七絶をを詠じたことは、有名ですが、そのとき一族の畠山左衛門尉宗元は、まだ若年だったのですが、刀剣一振と共に城を脱れ、珠洲郡松波城に入りました。 そして、松波城主・畠山義親の許で庇護を受け成長を致しましたが、のちに同郡鵜島村地内に田地二百石を贈られ、宗玄と改姓し一戸を構えました。 そこが、現在の宗玄酒造さんの場所だそうです。
カテゴリ一覧
 奥能登 宗玄 吟醸酒
奥能登 宗玄 吟醸酒(11)
宗玄 大吟醸
奥能登 宗玄 普段酒
奥能登 宗玄 普段酒(19)
奥能登 宗玄 季節限定酒
奥能登 宗玄 季節限定酒(17)
宗玄 隧道蔵
宗玄 隧道蔵(4)
廃線となった旧能登鉄道トンネルを
お酒の貯蔵蔵と致しました。
1年を通じ気温の変化が無く
適度な湿気があり
お酒にとって最高の環境です。